サポート

データベースのバックアップ

WordPressでご利用中のデータベースをバックアップすることが出来ます。
SQLファイルをエクスポート(バックアップ)することはもちろん、またそれをインポートして元の状態に復元することも可能です。

バージョンアップ時のバックアップや、他サービスからのデータ移行の際などにご活用ください。

ご利用方法は下記をご参照ください。

データベースのエクスポート(バックアップ)
  1. アプリケーション一覧より、データベースのバックアップを行うWordPressの「設定 > データベースのバックアップ」メニューへとお進みください。

    バックアップメニューへ
  2. 以下の画面が表示されましたら、「エクスポート(バックアップ)」項目以下より、エクスポートするファイルの圧縮形式をお選びの上、「エクスポート実行」ボタンをクリックしてください。

    圧縮形式を選択し、エクスポート
    ■圧縮なし(SQLファイル)
    圧縮を行っていないSQLファイルをダウンロードします。編集等を行う場合はこちらをお選びください。
    ■gz形式
    SQLファイルをgzip圧縮した.gz形式のファイルをダウンロードします。サイズダウンしたい場合等はこちらをお選びください。
  3. 自動的にファイルのダウンロードが開始されますので、任意の場所にファイルを保存してください。

    任意の箇所にファイルを保存
データベースのインポート(復元)
  1. アプリケーション一覧より、データベースの復元を行うWordPressの「設定 > データベースのバックアップ」メニューへとお進みください。

    バックアップメニューへ
  2. 下記の画面が表示されましたら、「インポート(復元)」項目内にて参照ボタンをクリックの上、インポートを行うSQLファイルをお選びください。
    gzip圧縮(.gz拡張子)されたファイルのご利用も可能です。

    ファイルを選択
  3. ファイル選択後、「インポート実行」ボタンをクリックしてください。

    インポート実行
  4. インポートが実行された後、データベースが復元されているかご確認ください。

無料お申し込みはこちら

WordPressをより使いやすく!

プレミアムプランのご案内