サポート

WordPressのバージョンアップ

WordPressのバージョンアップが可能な場合、WordPressのダッシュボードからバージョンアップを行うことができます。
バージョンアップの手順等は、下記をご参照ください。

WordPressのバージョンアップの確認

以下の手順に従い、WordPressのバージョンアップが可能かどうかご確認ください。

  1. WordPressのダッシュボードにログインしてください。

    ダッシュボードにログイン
  2. バージョンアップが可能な場合は、画面上部に下記のようなメッセージが表示されます。

    「WordPress X.X.X が利用可能です ! 更新してください。」

    バージョンアップの確認

    メッセージが表示されている場合は、データのバックアップを行い、バージョンアップを行ってください。

    ※バージョンアップにはセキュリティに関する修正等が含まれることがあります。
    上記メッセージが表示されている場合は、速やかにバージョンアップを行ってください。

データのバックアップ(バージョンアップ事前準備)

万が一、バージョンアップに失敗するなどして、大切なデータが消失しないよう、事前にバックアップを取っておくようにしましょう。
バックアップを行うのは以下の2つです。

データベースのバックアップ
投稿した記事や、新規に作成した固定ページのバックアップです。
WordPressのファイルのバックアップ
アップロードした画像ファイルや、編集を行ったテーマなどのバックアップです。

それぞれのバックアップ方法に関しては下記をご参照ください。

データベースのバックアップ方法

管理ツール上の「設定 > データベースのバックアップ」メニューよりバックアップを行ってください。
詳細な手順は下記のマニュアルをご参照ください。

WordPressのファイルのバックアップ方法

FTPソフトを利用し、WordPressの下記のディレクトリを丸ごと、お客様のPCの任意の場所に保存してください。

  • ・wp-content

FTPの利用方法については、下記のマニュアルをご参照ください。

WordPressのバージョンアップ

データのバックアップ完了後、以下の手順に従って、バージョンアップを進めてください。

  1. WordPressのダッシュボードにログインし、左メニューの「プラグイン」をクリックし、インストールされているプラグインを確認します。

    プラグインをクリック
  2. 続いて、利用しているプラグインを停止させます。
    一覧にてご利用中のプラグインにチェックを付け、プルダウンメニューから「停止」を選択した上で「適用」をクリックしてください。

    プラグインを停止
  3. ダッシュボードの上部に表示されているメッセージの「更新してください。」をクリックします。

    更新してください。をクリック
  4. バージョンアップ内容が表示されますので、内容をご確認の上、「いますぐ更新」をクリックします。

    いますぐ更新
  5. データベースの更新を促すメッセージが表示されますので、「WordPressデータベース更新」をクリックします。

    ※バージョンアップの内容によっては、データベースの更新は行われないこともあります。

    WordPressデータベース更新
  6. 2.の手順で停止させたプラグインを、再度、有効化させます。
    2.と同様の手順で、プルダウンメニューから「有効化」を選択し、「適用」をクリックしてください。

    プラグインの有効化
  7. 以上でバージョンアップは完了です。
    完了後、サイトへとアクセスし、問題なく表示されるかを確認してください。

無料お申し込みはこちら

WordPressをより使いやすく!

プレミアムプランのご案内